FC2ブログ

会社の沿革

1950年
昭和25年04月12日

平塚市新宿709に元吉塗料店を開業、専ら日本ペイント㈱製品、塗装機器、工業薬品の販売卸を始める。
創立当初

1953年
昭和28年02月08日

神奈川県知事より毒劇物取扱主任者の免状を取得する。

昭和28年04月12日
現在地に新築移転する。

1960年
昭和35年10月26日

神奈川県知事より危険物取扱主任者の免状を取得する。

1961年
昭和36年03月01日

元吉塗料㈱設立、資本金100万円を以って新発足する。

1961年
昭和36年08月25日

相模原営業所を設置

1965年
昭和40年10月10日

相模原営業所独立(久保田塗料興業)

昭和40年12月
平塚市田村に危険物倉庫及び一般倉庫を新設。

1968年
昭和43年12月28日

寒川メンテナンス工場新設。

1972年
昭和47年10月27日

新社屋、鉄筋コンクリート3階建、一部地下を落成。
photo2.jpg

1977年
昭和52年12月01日

メンテナンス部門を分離、ピーエム化工㈱設立。

1980年
昭和55年03月21日

商号変更、株式会社モトヨシへ改称。

1983年
昭和61年06月

塗装工事、防水工事等の許可免状交付される。
建設業許可塗装工事
許可番号(般 第41699)

2000年
平成22年04月12日

会社創立50周年

2010年
平成22年07月07日

会社創立60周年
ネットショッピングサイトMOTOYOSHI PAINT STORE. オープン
mainvisual.jpg

2012年
平成24年07月20日

ホームページリニューアル
mhp.jpg
スポンサーサイト



住宅塗り替えの施工前までの流れ

1 着工前挨拶

工事中は、ご近所様にご不便・ご迷惑をおかけするので、必ず工事が始まる前にご挨拶に伺います。

当社では、工事が入る前にお隣に挨拶1週間前、近隣に3日前・前日と挨拶を致します。ご近所への気配りを入念にしてもしすぎることはありません。

また、足場のメッシュシートがカーポートやベランダのアクリル板や波板に触れる場合が多々あるため、工事前にそれらを取り外します。


2 足場着工

塗替えを行う為には効率性・安全性を上げる為に作業用の足場が必要です。

屋根でも傾斜が強い時はその時に応じて足場を掛けて工事をします。


3 下地調整(全体ケレン)

主に手作業で行う作業です。汚れやほこりなどを掃除し、次にサンドペーパーやナイロンタワシのようなもので研磨をして素材表面に微細なキズをつけて荒くして、塗料の密着性を高めてあげます。

見た目ではやったかどうかもわからない作業ですが、やるかやらないかでは耐久性に大きく差が出ることになります。


4 高圧洗浄

家の塗装の高圧洗浄は、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビや汚れを高圧の水流によって洗い落として、塗料の接着をよくするために行 います。

水の出口になるノズルを長靴に当てると穴が開いてしまうほどの強さといえばわかりやすいでしょうか。

網戸やアルミサッシまで、家一軒まるごと洗浄します。
特にコロニアル屋根塗装の場合は、水洗い不足が原因によって、塗装のハガレによるトラブルが多くなっています。

コケや汚れの上から塗っても、素材にくっつかずに塗装が宙に浮いているのと同じです。
外壁とは違い、コロニアル屋根の場合は、水洗いが完全でなければ、ハガレの可能性がとても大きくなってしまいます。

5-1 下地調整(屋根)

屋根の板金釘打ち 屋根の棟板金の釘が出ている場合は、塗装前に釘をきちんと打ちます。

この作業をしないで、釘が出たまま塗装をする会社が多いので要注意です。(この釘打ち工事は、塗装会社ではなく板金会社の仕事のため)

5-2 下地調整(屋根)

屋根の釘を打った後に、コーキング材で埋める 釘を打ったあとは、その上からコーキング材を入れて接着させ、水が入るのを防ぎます。


6-1 下地調整(コーキング 外壁)

古いコーキングを撤去します。 家の外壁サイディングの特徴といえば、ボードとボードの境目にある継ぎ目です。
これを「目地」といいますが、この場所と窓などのサッシまわりには、シールという、ゴム状のものが埋め込まれています。

このシールの工事をシーリング・コーキングともいいます。 新築時、サイディングボードを張り終わった工事の後、はじめはマヨネーズ状になっているシールを目地などに注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。


6-2 下地調整(コーキング 外壁)

新しいコーキングを埋め込みます。 新築の時は上から塗装をせずにシールそのものがむきだし状態のため、紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。

特に、家の北東側より陽のあたりがつよい南西側の劣化が激しくなります。

そのため、のちの雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。 専門用語では「打ち替え」ともいいます。

ボードメーカーの説明書では、「3~5年が適正時期」と記載されています。(新築時はむき出しのため)


6-3 下地調整(コーキング 外壁)

サッシ(窓)周りのコーキング増し打ち サッシまわりの場合は、少なからずサイディングボードからサッシの窓わくが突出しています。
外壁サイディングとサッシは、直角のように角度があるため、カッターを入れての撤去が困難な場合があります。

無理に撤去して、カッター等でサッシを傷つける可能性があるときは、増し打ちをします。角度があるため、増し打ちでもシールの肉厚が保てることができます。

高圧洗浄でも落とせなかった汚れがある場合は、シンナー等で汚れを落とし、プライマーを塗ってから、実際にコーキングを埋め込みます。プライマーを事前に塗ることにより、よりコーキングの接着を強力にします。

7 養生

塗装をしたときは、少なからず家のまわりに塗料が飛び散ります。家の塗り替えの場合、ローラーで塗装することがほとんどです。

家の塗り替えには、塗料がついてしまうと不都合な場所がたくさんあります。アルミサッシ、窓、地面の床、植木や植物などです。

そのために、ビニールやテープ、布などで覆って、塗料の飛び散りをふせぐことを「養生」といいます。
玄関前のタイル部分は少し厚めのシート(トントンシート)で養生します。


8 外壁(下塗り)

下塗りのおもな役目は、その上から塗る塗料をはがさせないように接着させることです。

外壁・鉄部・木部など家の塗り替えには、さまざまな素材が使われています。素材が変われば下塗りも替える必要があります。

木部は湿度によって収縮しますので、それに対応できる下塗り塗料を 塗ります。
鉄部の下塗りは、サビ止め塗料を塗ります。

いずれの下塗りも、仕上げの色とは違う色を塗ることになるので、下塗りが塗れていることが確認できます。


9 外壁(中塗り)

塗膜に厚みを持たせるために中塗りをします。ヒビの多い壁は、より厚みを持たせてひびを防止するドロドロとした塗料で塗り替えます。

汚れや、カビが気になる外壁には、シンナー系の高品質塗料で再発を防ぐなど、家の傷みの状況に応じた塗装を施していきます。

木部や鉄部は、壁よりも先に痛んでくるものです。壁は平気でも木部や鉄部が先に痛んでいる家は数多くありますが、その逆はほとんどありません。
木部と鉄部には外壁と同等以上質のいい高品質塗料を塗ります。

また、凹みの部分はハケで先に塗り、最後にローラーで仕上げます。


10 外壁(上塗り)

外壁は3回塗りの3層仕上げをおこないます。

基本は3回塗装としていますが、陰の方角は2回 塗りでも十分持たせられる状況の場合もあります。またその逆で陽がよくあたる方角では、痛みが激しくて4回塗りしなければ十分な塗膜が張ることができない場所もあります。
木部や鉄部の場合は、すべてに同じ塗り回数よりも、痛み方による塗り回数のほうが、長持ちさせることができます。


11 屋根(タスペーサー)

このタスペーサー作業は、いわゆる「縁切り」の作業になります。

塗装をすると、屋根の重ね部が塗料で詰まってしまいます。縁切りとは、瓦と瓦の重ね部に塗装したことによりできた塗膜をカッターナイフ等で取り除き、隙間を作ること。この隙間を作らないと、毛細管現象で屋根材裏面より雨水や結露した水が吸い上げられ、雨漏りの原因になります。

当社では、より確実な「縁切り」を行うため、タスペーサーという縁切り部材の使用(写真左)を標準仕様にしております。

このタスペーサーを入れずに塗装してしまうと、屋根と塗料が接着し雨水の出口をふさいでしまい雨漏りの原因になる事があります。雨水、結露の水分の逃げ道を作るために、このタスペーサーを挿入します。
(タスペーサーを入れない場合は上塗り後、縁切りが必要となります)


12 屋根(下塗り)

スレート瓦にはシーラーを塗り、鉄部の部分には錆止め塗料を使います。異なる素材にはそれぞれ適した材料を塗ります。


13 屋根(中塗り)

屋根の場合も外壁と同じで、中塗り・上塗りは同じ材料を2回塗りします。

中塗りを塗って、十分乾燥時間を取ります。


14 屋根(上塗り)

熟練職人の技でじっくり丁寧に仕上げます。

下塗りと中塗りは塗膜の強さを重視し、上塗りでは仕上りを重視します


15 確認チェック作業

家全体をビニールなどで細かく養生しても、塗料の飛び散りやはみだしなどは必ず出てくるものです。

シンナーで細かく掃除していきます。また、念入りに作業しているつもりでも、最終チェックで塗り残しを発見することも少なくありません。

足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。


16 足場解体・清掃

完了までのあいだ、洗濯にも不自由をかけ、足場で窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると、さらに美しくみえます。
その後、掃き掃除をして完了、お引渡しとなります。

また、工事中はご不便をおかけした旨を近隣の方にきちんとご挨拶します。

住宅塗装の塗り替え目安

外装診断

外装塗装をするタイミングは業者の訪問販売が多いですが、詐欺等も多いそうです。
その為、ご自分の目を使って外装を診断しましょう。


外装の診断方法には様々な方法がありますが、下記をよく読み、ご自分の手と目を使って状態を把握しましょう。

塗り替え時期の判断|塗膜の劣化

image1.jpg
塗膜劣化の段階
(1)つやが無くなる。
  ↓
(2)色が薄くなる、変色する
  ↓
(3)表面に粉が吹いたような状態になる(チョーキング現象)
  ↓
(4)表面にひび割れ(クラック)ができる
  ↓
(5)塗装が剥がれ落ちる。

建物を長持ちさせるため、また塗り替えに余分な費用を掛けないためにも(3)のチョーキング現象が発生した時点で塗り替えることが必要です。

塗料の種類による塗り替えサイクルの目安

ウレタン樹脂塗料・・・・耐久年数:5年~7年

シリコン樹脂塗料・・・・耐久年数:8年~10年

フッ素樹脂塗料・・・・・耐久年数:15年

※外壁の場合

外壁の塗り替え時期
image2.jpg
■かびや汚れが発生している。■
■ひび割れが入っている。■
■塗料が色あせたり剥がれたりしている■

外壁の黄色信号

細かなひび割れ(ヘアークラック)
ヘアークラックは塗膜にひび割れが入っている現象で、壁が傷んできている状態。 下地の細かいひび割れは、フィラー(セメント系補修材)で補修する。フィラーで細かいひび割れを埋めて、表面を平滑にする。

ひび割れ(クラック)
下地まで達したようなひび割れのひどいものは、放置してはいけない。裂け目から雨水が入って壁の中を痛めることになる。

屋根の塗り替え時期(トタン・住宅用化粧スレート屋根)
■かびや汚れが発生している。■
■錆びている。■
■塗料が色あせたりはがれたりしている。■
■トタンが浮いている。■
■スレート板(屋根板)が浮いている。■

屋根の色の変退色
新築の時と屋根の色が違っているのは、塗膜が紫外線により劣化して表面のいろがあせていったり(チョーキング)、酸性雨などの影響で色が変色してしまったりするから。

破風板・鼻かくしの塗り替え時期
■腐食している■
■塗料が色あせたりはがれたりしている■

破風板は日本の住宅の屋根下についている三角形の装飾板。鼻隠しは、屋根の先端についている装飾板。 ここがキレイになると家全体の印象がグッと良くなる。

窓枠・水切り・面格子の塗り替え時期
■ひび割れやキズがある。■
■塗料がはがれている。■
■腐食している。■
■ガタツキやソリがある。■

水切りとは、窓の下部など水が回り込みやすいところに取り付ける部材。

雨戸・戸袋の塗り替え時期
■ひび割れやキズがある。■
■塗料がはがれている。■
■腐食している。■
■ガタツキやソリがある。■

ブロック塀・門柱の塗り替え時期
■ひび割れや破損がある。■
■さび・かびや汚れが発生している。■

玄関ドア・門扉(鋼製)の塗り替え時期
■錆びている。■
■塗料が色あせたりはがれたりしている。■
image3.jpg

YELLOW 若々しい印象が、街並みを明るく

YELLOW 若々しい印象が、街並みを明るく
元気をくれる 可憐な色

「明るい」「快活」「希望」「陽気」など、前向きで輝きを感じられるキーワードを持っています。
マイナス思考を断ち切り、プラス思考へと変えていくハッピーカラーです。
アジア諸国では、邪悪なものから身を守る色として考えられています。

yellow112.jpg
やわらかな輝きに満ちあふれた、喜びいっぱいのカラー

yellow21.jpg
明るくほがらかな光の中でくつろげる、幸せな空間

yellow31.jpg
温和な癒しをもたらす、安心感のある外観

 
YELLOW の色のパワーと人への効果
気持ちを明るくし、幸運を招き入れる色。
かわいらしい印象で、好感度アップ。

黄色は、人を5歳若く魅せる色として「可愛らしさ」や「若々しさ」を表現し、美をサポートしてくれるカラーです。
キュートでありながら和やかな雰囲気で、周囲の人たちからの好感度が高くなるでしょう。
またヒマワリのような明るい黄色は、落ち込んでいた気持ちに活力を湧かせ、希望の光を与えてくれます。
心を強くし、優しくケアしてくれるお守りカラーとも言えるでしょう。
黄色は幸運の光を運んでくれるパワーを持っているのです。

MAGENTA 幸せに満ち足りたやさしい趣

MAGENTA 幸せに満ち足りたやさしい趣

豊かな愛にあふれた幸福色
「幸福感」「優しさ」「優美」「慈悲」など、聖なる愛情にあふれたキーワードを持つ色。
全世界共通で幸福を感じさせる代表色だと言われています。
母性豊かで、きめ細かい愛情で人を幸せにすることが好きな人にぴったりの
愛情カラーです。

magenta11.jpg
優美で愛らしい彩りを演出するカラーリング

magenta21.jpg
上品で甘美なきらめきに包まれた、至福の空間

magenta31.jpg
まろやかな和みと可憐さを感じる、風情ある住まい



MAGENTAの色のパワーと人への効果
心を落ち着け、愛情で満たしてくれる色。
ロマンティックな気分にさせてくれる効果も。

イライラを緩和する効果があると言われ、忙しい人を優しく包み込んでくれるでしょう。
また、心に余裕と豊かさを感じさせることで、私服のひとときを演出。
花の色に魅力的なマゼンタカラーが多いように、人間をもロマンティックな気分で包み込んでくれる効果があります。
「バラ色の人生」とも言われるように、未来も現在も明るく照らしてくれるこの色は、華やかな上品さを持つ愛情カラーだと言えるでしょう。

GREEN 自然とともに息づく、やすらぎの佇まい

GREEN 自然とともに息づく、やすらぎの佇まい

安心感を与える自然色

「健康」「安心」「安全」「平和」など、和らぎを感じるキーワードを持つ緑。
現代社会でも青信号や非常口、道路標識など安全に関する色には、
一瞬で人に安らかさを与える緑が使われています。
自然や生物を愛する傾向が強い人に好まれる色です。

green112.jpg
素朴でピュアな輝きを放つ、ゆったりとした佇まい

green21.jpg
心やすまり爽快な気持ちになれる清々しい雰囲気

green31.jpg
瑞々しい安らぎをいざなうくつろぎにあふれた住まい


GREENの色のパワーと人への効果
和やかな雰囲気で周囲を包み込み、
人と人の調和を図る効果を持っています。

緑は虹の七色の真ん中にあるというところから、「調和」や「バランス」といった意味も持っています。
心身のバランスが崩れたときなどに、最高のリフレッシュ効果を与えてくれます。
また「私はあなたの味方ですよ!」と、友好関係をアピールするメッセージ性もあり、私たちが安心して生きていく上で、欠かすことのできない大切な色でもあります。
家の中に緑があると、それだけでくつろげる清涼剤的な役割を果たしてくれるでしょう。

VIOLET 見る人の心を癒す、穏やかな表情

VIOLET 見る人の心を癒す、穏やかな表情

高貴で美しい神秘の色
優雅」「高貴」「気品」「感性」など、エレガントなキーワードを持つ色。
紫は気品高く、ワンランク上の自分を表現するのに効果的です。
また創造性、感覚、直感力をつかさどるとも言われ、
センスを高めるパワーも持っています。

violet12.jpg
心身に安らぎを与える、静けさの香り漂う外観

violet22.jpg
優雅さに満ち溢れた、美意識を高める彩り

violet32.jpg
高貴で精神的な美しさを持つ、ヒーリング空間



VIOLETの色のパワーと人への効果
精神性を高め、心を浄化する働きを持つカラー。
神秘的な色合いで、「美しさ」をさらに高める効果も。

カラーセラピーを行う上で、一番のヒーリングカラーと言われる紫。
心身のダメージ回復には紫が最適で、優しく穏やかに癒す効果があります。
また、美的感覚を研ぎ澄ますとも言われていて、画家のレオナルド・ダ・ヴィンチも教会のステンドグラスの紫の光を浴びて、瞑想力を10倍にアップさせたとか。
これからの夢や人生計画を楽しく練りたいときにも、硬化を発揮するでしょう。
とっておきのビューティ&セラピーカラー、それが紫です。

RED 愛情豊かな華やぎの表情をたたえて

RED 愛情豊かな華やぎの表情をたたえて

強いパワーを持つ華やぎの色
「情熱」「歓喜」「行動力」「愛情」など、華やかでパワーあるキーワードを持つ色。
昔から強い力が宿る色と信じられ、鳥居には魔よけの赤が使用されています。
中国では、身の回りに置くと心身が活性化され元気になると言われています。

red112.jpg
明朗さと優しさをかねそなえた、ホッとする色

red211.jpg
豊かな生命力を伝えて、安心できる心地良いカラー

red31.jpg
深みのある情熱的な雰囲気を醸し出すカラーリング



REDの色のパワーと人への効果
生きる力を奮い立たせる強さを持ち、
エネルギッシュな活力を与えてくれます。

赤は、自分の心を奮いたたせたいとき、夢を達成したいときなどに、大きな力となって味方になってくれる色。
体の中心から湧きあがるエネルギーとなって、生きる力を奮い立たせてくれます。
海外では、アメフトの選手たちが赤い壁の部屋に入ってから試合に挑むと勝利する確率が高くなるという報告もあるほどです。
生命力や生きる情熱を与えてくれるので、より人生が楽しく豊かになるようにサポートしてくれる色だと言えるでしょう。

WHITE 清潔感ある、凛とした佇まい

WHITE 清潔感ある、凛とした佇まい

清潔感を持つ リセットカラー
「再生」「純粋」「潔白」「神聖」などのキーワードを持つ”白”。
日本では古くから尊い色とされ、神事に欠かせない色でした。
今でも「清潔感」を表す色として人気が高いです。
人生を幸せな方向に再スタートしたいときにパワーを発揮します。

white121.jpg
大地のぬくもりを感じる、なごみのある外観

white21.jpg
優しさの中に風格のある、落ち着いた佇まい

white31.jpg
凛々しく爽やかな香りを放つ、快適な住まい


WHITEの色のパワーと人への効果
心身に恵みを与え、気持ちを明るく元気に。
ストレスから解放してくれるパワーがあります。

白はすべての光を同じ量で反射しているので、人間の体に必要な波長をすべて持っています。
心身にたくさんの恵みを与えてくれるカラーで、「風邪を引いたら白」といわれるほど、昔から心身を癒す色の代表でした。
さらに光の反射率も高く、やる気の源である「光」のシャワーをたくさん注いでくれる色。
気持ちがとても明るくなるので、スッキリとしたいときに最適でしょう。
白は快適さと明るさを感じさせて、ストレスから解放してくれる色なのです。

ORANGE あたたかく、親しみやすい印象に

ORANGE あたたかく、親しみやすい印象に

安心感を与える幸せ色
「元気」「楽しい」「温かい」「家庭円満」というキーワードを持ちます。
オレンジ色の灯りの下にいるとホッとくつろいだ気持ちになるように、
心理的に守られた感覚になる色なのです。
たわわに実るオレンジにちなみ、子孫繁栄の意味もあります。

orange111.jpg
活気と楽しみを運んでくれる、包容力あるイメージ

orange21_20120904085246.jpg
華やかな陽気に包まれた、歓喜に導く住まい

orange311.jpg
晴れやかな心をもたらす、モチベーションUPカラー


ORANGEの色のパワーと人への効果
親密さとやすらぎを表現する色。
人と人との距離を近づけ、良縁を呼びます。

親しみやすさや朗らかさを伝える色なので、人間関係の発展につながります。
人と人との心理的な距離感を縮めてくれる効果が期待できるでしょう。
また「社交性」の色とも言われ、人との良縁を運んでくれるパワーも。
明るく元気いっぱいのオレンジにはモチベーションUPの効果があり、逆境から立ち直り、夢や目標に向かっていくバイタリティを与えてくれるでしょう。
オレンジは願いを叶える行動力を授けてくれる、サクセスカラーなのです。

BLUE 清潔感あふれる、やすらぎの風姿

BLUE 清潔感あふれる、やすらぎの風姿

にごりのない 静けさを持つ清らかな色
静寂」「誠実」「鎮静」「信頼感」など、優秀さや精神の静けさを表すキーワードを持つ青。
世界のどの国でも好感度の高い色です。
また信頼感を高め、清潔感を表現する色でもあるので、
多くの企業のICカラーとして使用されています。

456.jpg
自然の静寂を感じさせる、リラックスカラー

blue111.jpg
安穏とした快適さを演出する、平和に満ちた外観

blue320(2)1.jpg
やわらかく澄んだ美しさが際立つ、落ち着いた空間

BLUEの色のパワーと人への効果
穏やかに心身を静める、癒しの色。
心と頭を清らかな状態に整える効果があります。

深いリラクゼーションを与え、疲労した心身にゆったりとした気持ちを取り戻してくれます。
青には、判断力や集中力・想像力にも良い影響を持っていて、仕事の質を向上させる効果もあります。
また、自分の内面と対話させてくれる色なので、怒りやストレスを抱え込んでしまったときにも、穏やかに浄化してマイナスの心から解放してくれるでしょう。
内なる世界へといざない、心のストレスケアを促してくれる色なのです

ハナコレクション 色の選び方

ハナコレクション 色の選び方

幸せな「新しいわが家を 叶えるための3か条

1. 明確なテーマを決めましょう!
「明るくて元気」「上品で優雅」「かわいい色合い」など、希望のイメージを明確にすることで、テーマカラーが見つかるはず。テーマカラーを使用したカラーパターンをご用意。数種類のテイストでご紹介いたします。ぜひ参考にして下さい。

2. 配色ルールを知って、色を組み合わせましょう!
場所や面積ごとに3種類のカラーが設定されています。それぞれの役割を知ることで、より美しいカラーコーディネートを考えることができます。
ベースカラー(基調色)    大きな面積を占める色。全体の基調色となる。
アクセントカラー(強調色)  強調したいイメージをつくる色
アソートカラー         コントラストの強い配色を緩和し、調和させる色。

3. 焦らず、時間をかけて 楽しく考えましょう!
季節や時間、天気によって、同じ外壁色であっても住まいの表情は多彩に変化します。気に入ったコーディネートも、様々な状況下でどのような雰囲気になるのかイメージしながら、じっくり時間をかけて決めるのがいいでしょう。ご家族で将来の夢を語るなど、楽しみながら選んで頂きたいと思います。
image50.jpg
プロフィール

株式会社モトヨシ

Author:株式会社モトヨシ
モトヨシのブログへようこそ

1950年より神奈川県平塚市で塗料の販売・塗装工事の請負をしております。
このブログでは塗料や塗装に関する情報を随時更新していきます。
リンクには
株式会社モトヨシ公式サイト

も載せておりますので、そちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR