FC2ブログ

花をテーマにカラープラン! 湘南*花*Collection

hc.jpgimage50.jpg

花をテーマにカラープラン

あなたらしさをカタチに!

「ハナコレクション」はお気に入りの花のカラーをテーマに彩色
住まいの塗り替えは7年~10年が目安とされています。
塗り替えをするなら大好きな色に囲まれたくらしに・・・

さあ、選びましょう、あなたの色。
blue (2)green (2)MAGENTA (3)ORANGE (3)RED (3)VIOLET (3)WHITE (3)YELLOW (3)
スポンサーサイト



快適な室内温度を実現する 画期的な赤外線・紫外線吸収塗料です。

01n.jpg
02n.jpg
快適な室内温度を実現する 画期的な赤外線・紫外線吸収塗料です。
夏は涼しく、冬は暖かく-----。
さわやかな室内環境を実現します。

「NTサーモバランス」は、既存の窓ガラスに塗装する透明タイプの赤外線・紫外線吸収塗料です。
室内側から塗装することで赤外線を吸収し、夏場の室内温度上昇を抑制します。
冬場においても室内の熱が外部に逃げるのを防ぎ、暖房効率を高めます。
NTサーモバランスはエアコンの省エネルギー化に貢献し、快適な室内環境を実現します。

NTサーモバランスの特長と効果

特長1 夏場の冷房効率をアップさせます。
人間が暑く感じる太陽光線の赤外線波長を塗膜が吸収することで、室内への熱の浸入を低減し、
温度上昇を抑制することができます。
とくに、日差しの強い夏場ほど効果を発揮します。
なお、冬場の夜間は赤外線を吸収することで、室内の熱が外部に逃げるのを抑制します。

03n.jpg
特長2 高い透明性を維持します。
可視光線の透過率は80%以上と高く、視界を妨げることもなく、色の変化もほとんどありません。

特長3 紫外線を大幅にカットします。
室内への紫外線の浸入を吸収することで、家具なカーテン、畳などの紫外線による劣化や色あせを抑制することができます。また、夜間は室内照明から発生する紫外線が外部にもれることを抑制するため、窓ガラスへの虫などの飛来を防ぎます。(ただし、可視光などに反応する一部の虫は対象外となります。

04n.jpg
特長4 現場での施工は、日本特殊塗料の認定を受けた専門工事店が室内側から行います。施工価格は複層ガラスへの取り替えに比べて低価格です。


NTサーモバランスの各種性能
05n.jpg
06n.jpg

水性ハイソリッド型コンクリート表面強化材

アーキタイトエコ

簡単な施工でコンクリート表面を、より緻密な構造に改質!!
アーキタイトエコはコンクリートやモルタルなどの床表面に塗布することで素地内部の細部深くまで浸透し、硬く緻密な表面に改質します。また、アーキタイトエコは、ハイソリッド型なので、一度塗りで耐摩耗性、耐久性の高い床面を提供します。

特 長

耐摩耗性
特殊珪酸(Si-O)化合物がコンクリートに深く浸
透し、コンクリートやモルタル成分と反応して、
緻密で強固な表面に改質します。

粉塵抑制
コンクリートとの化学反応で改質された表面は、
摩耗、劣化による粉塵の発生を抑制します。

耐汚染性
緻密な表面層は、汚れ成分の付着、浸透、固着
を抑制し、優れた耐汚染性を付与します。

中性化防止
緻密な表面層は、コンクリートやモルタルの中
性化防止に大きく貢献します。

安全性
完全水系で臭いもなく、ホルムアルデヒドなど
の有害物質を含まない安全設計です。

image43.jpg image44.jpg
未処理モルタル            アーキタイトエコ塗布
小さなすき間がみられる   →   マイクロクラック内に浸透し、緻密な表面を形成

用 途
下地
コンクリート、セメントモルタルなど

適用箇所
工場、倉庫、物流センター、駐車場などのコンクリート床面

但し、薬品工場(酸、アルカリなどの薬品が流れるところ)、食品工場・食
堂の厨房(酢、塩、砂糖などが流れるところ)、魚介類の解凍場(海水が流
れるところ)、防水を要求されるところなどには適用できません。

浸透硬化型コンクリート表面強化材

SKバリヤーコート
10077022-1.jpgbarrier_coat-left.jpgbarrier_coat-right.jpg

コンクリート床表面を強固に改質。粉塵と劣化を抑制。

特殊けい酸塩を主成分とするコンクリート表面強化材です。コンクリートやモルタル内部に浸透し、床表面を硬く緻密に改質することで、粉塵の発生を抑制します。

特 長

耐摩耗性
特殊けい酸塩がコンクリート内部に浸透し、コンクリートやモルタル成分と反応することで、緻密で強固な表面に改質します。

粉塵抑制
コンクリートと化学反応で改質された表面は、摩耗、劣化による粉塵の発生を抑制します。

リフォーム性
経年劣化したコンクリートに対しても、簡便な施工で効果が得られるため、リフォーム時の床改修にも最適です。

安全性
完全水系で臭いもなく、取り扱いも簡単です。

用途
・コンクリート床の工場、倉庫、物流施設、駐車場など。
・セメント系硬質床材(カラコン、フェロコン)の改修。
・OAフロア(二重床下地)の防塵。

施工方法
barriercoat1.jpg

室内の壁を塗る!

wall.jpg

--------------------------------------------------
塗装をする前に揃えておきたい道具

・刷毛:細かい部分、隅の方を塗る時に使用します。
hake.jpg
・ローラー:広い範囲を効率的に塗れます。
rora.jpg
・ローラー皿:ローラーを使う際はローラー皿が必要です。
sara.jpg
・マスキングテープ、マスカー:塗りたくないところをマスキングし、塗料のはみ出しを防ぎます。
maska.jpg
その他:新聞紙、ポリシート、雑巾、ウエス、中性洗剤、軍手など・・・
sonota.jpg

■道具が揃ったら・・・
---------------------------------------------------------------------
①下地処理 洗浄や補修等の下地処理は、塗装をする前の日に行いましょう。
====================================

洗浄
*全体を濡れ雑巾で水拭きして、塗る面の汚れを取り除いて下さい。

油分、手垢、ヤニ等の汚れは、市販の中性洗剤で除去して下さい。
              ↓
中性洗剤を使用したあとは、洗剤分が残らないように水拭きをシッカリ行って下さい。

水拭きをしたあとは、塗装の前に十分に乾燥させて下さい。      

補修
●壁紙の補修

めくれている場合は、市販の壁紙用接着剤を注入し、はみ出た接着剤が残らないように布で拭きとり、壁紙接着ローラーで押しながら貼って下さい。
破れている場合は、その寸法より大きい壁紙をその箇所に重ね合わせ、その上から四角くカッターで2枚一緒に切り込みを入れます。
破れている壁紙を取り除き、一緒に切った壁紙を壁紙用接着剤で貼って下さい。

●室内壁全般の補修
穴やひび割れは、市販のエマルション系の壁用充填剤(塗装が可能なもの)で埋めて下さい。
壁紙用接着剤や充填剤を使用した場合は、はみ出た部分を濡れ雑巾等で拭き取り、十分乾燥させて下さい。
*壁紙用接着剤やパテ、充填剤を使用した場合は、乾燥時間を確認して、
十分に乾燥させて下さい。

②マスキング はみ出しや汚れを防ぐための処理。
=======================================
塗りたくない部分や塗料が付着しると困る部分には必ずマスキングテープを貼って下さい。
マスキングテープは幅の広いものをお勧めします。
床面や家具には新聞紙やポリシート等で保護すると塗装の時の汚れが防げます。
マスキングテープは色を塗り分けたい場合にも便利です。

キレイに仕上げるためにキワはしっかり押さえて下さい。

③塗料をかき混ぜる
=======================================
中身をよくかき混ぜて下さい。
塗料は様々な原料からなる混合物のため、
一部の色の粉が沈んでいることがあります。
フタを開ける前に容器を逆さまにして軽く振ります。
フタに手を添えてマイナスドライバー等で開け、容器の底にドロッとした固まりが無くなるまでヘラ等でかき混ぜて下さい。
かき混ぜる作業が終わりましたら、使用する分を塗り皿(ローラー皿)や別の容器に移してご使用下さい。

④塗装する
=======================================
塗りにくい狭い部分から塗りましょう
刷毛はまず使う前に抜けやすい毛を取り除いて下さい。
塗料は刷毛の根元まで着けずに、毛先2/3 程度まで着け、塗り皿のふちで余分な塗料を落として下さい。
いきなり広い面から塗るのではなく、隅やコーナーなどの塗りにくい部分から先に塗りましょう。
厚塗りせずに、塗料をのばすようにぬりましょう。
広い面はローラーやコテバケを使うと便利です。

ローラー塗装
●凹凸のある面に適しています。

最初に軽くローラーを上下にゆっくり転がして先に塗料を配り、その後ムラにならないように気をつけながら上下に軽くならして仕上げます。
塗料をつけすぎるとたれてしまうので、塗り皿やバケットでよくしごき、余分な塗料を落として下さい。
勢いよく転がすと塗料が飛び散ることがありますので、注意しましよう。

コテバケ塗装
●平滑な面に適しています。

広い面積を効率的に塗れる便利な塗装用具です。
力が一定にかかりやすく、仕上がりも非常に滑らかです。
力を入れ過ぎず、縦、横に塗料を配り、最後に縦方向に軽くならして仕上げます。
コテバケはローラーに比べ飛び散りが少ないので天井の塗装にも適しています。
塗装の途中で手直しはしない
塗っていくとどうしても先に塗ったところの塗りムラが目についてしまいます。
塗ってすぐであれば手直しできますが、乾きはじめたところの手直しは、半乾きの塗膜を引っ張って仕上がりが悪くなってしまったり、よけいにムラが目立ってしまいますので、手直しは必ず乾いてから行いましょう。

Point☛
初めて塗装する方や、慣れていない方、きれいに仕上げたい方は、2回塗りをしましょう。
薄く塗り重ねた方がムラになりにくく、仕上がりがより美しくなります。

■塗装をいったん中断するときは・・・
塗装の途中で休憩をとる場合は、ハケや塗り皿が乾かないようにポリ袋に入れて密封したり、
ラップを巻いて外気に触れないようにしましょう。

■後片付けを楽にするには・・・
塗装後の塗り皿の洗浄は、意外と手間がかかります。そんな手間を省くためには、
使用する前にあらかじめひとまわり大きなポリ袋で覆ってご使用下さい。
そうすれば塗り皿に塗料がつかないので後片付けが楽です。

⑤あとしまつ
=======================================
■マスキングテープは、乾く前に剥がして下さい。
乾燥した後で剥がすと、マスキングテープと一緒に塗膜がめくれてしまう恐れがあります。
塗膜がめくれてしまいそうな時は、境目に軽くカッターナイフで切れ目を入れてから剥がして下さい。

塗料で節電!!

まだまだ暑いですねぇ(汗

遮熱塗料を塗ることにより、建物の表面温度を下げます。

塗り替えをするなら
遮熱効果のある塗料をおすすめします。
建物の劣化を防ぐとともに
美観の向上、遮熱機能を持たせました。


近年では遮熱塗料も多種多彩になりました。
屋根用遮熱塗料
アスファルト用遮熱塗料
屋上防水用遮熱塗料
外壁用遮熱塗料
ガラス窓用遮熱塗料
などなど・・・

orange21.jpg


遮熱塗料を塗って・・・
エアコンの設定温度を上げましょう!!
  ↓   ↓
電力消費を抑えることができます

窒素ガス発生装置-アネスト岩田-

NP-22B.jpg
高純度の窒素ガスを大気中から簡単につくれます。

POINT
・ムダを大幅に削減。 窒素ガスが手軽に自給できるようになりました。
・オイルフリースクロールコンプレッサを採用することにより、低騒音化と、大幅な省スペース化を実現しました。
・カラータッチパネルを採用することにより、稼動状況や定期メンテナンス時期の警報など、様々な情報を表示します。
◆食品・包装・樹脂・熱処理等さまざまな業種で活躍する窒素ガス発生装置

■ 原料費はゼロ。窒素ガス料金を大幅にコストダウン。 
 アネスト岩田の窒素ガス発生装置は、原料費ゼロの大気から窒素ガスを簡単に抽出。
 今まで大きな負担となっていた、窒素ガス使用料金の大幅なコストダウンを実現します。
 面倒なボンベも交換も不要です。さらに、マイコン制御で人手に頼っていた管理の手間を大幅に軽減します。

●こんなお客様におすすめします。

■ 窒素ガス料金を安くしたい。
・ 食品会社A社様では、食品を包装する際、酸化防止及び品質保持のため窒素ガスを封入しています。しかし、窒素ガス使用量が多く、月々の費用が大きな負担となっていました。そこでPSA式窒素ガス発生装置を採用、大幅なコストダウンに成功されました。
食品会社A社様では、
年間65万円のコストダウンをすることができました。


■ ボンベ交換を楽にしたい。
・ 製薬会社B社様の研究所では、分析装置に窒素ガスボンベを使用していました。しかし、交換の手間や残量調整・確認ができず分析中にガスがなくなるなどのトラブルから、わずらわしさを感じていました。そこで膜式窒素ガス発生装置を採用、ボンベが不要になり様々な面倒から解放されました。
製薬会社B社様研究所では、
窒素ボンベ交換の手間を解消することができました。


■ メンテナンスを一元管理したい。
・ 金属加工会社C社様ではレーザー加工用に窒素ガス発生装置を使用していました。しかし、メンテナンスは窒素ガス発生装置と原料空気用のコンプレッサを別々の会社に委託していたため、不具合の起きた時の問合せ先がわからず、わずらわしさを感じていました。そこでアネスト岩田の窒素ガス発生装置を採用。メンテナンスのすべてを一元化でき、さまざまな面倒から介抱されました。
金属加工会社C社様では、
メンテナンス管理のわずらわしさから解放されました。


使いかけのエアゾール製品の保存と捨て方

使いかけのエアゾール製品の保存と捨て方

保存前の注意
●詰まりを防ぐために
容器を逆さまにして、1~2秒吹き、ノズルに付いた塗料を拭き取り、キャップをして下さい。
正立の状態で保存して下さい。  

保存場所の注意
●爆発やガス漏れの危険が伴う場所
・火気近く
・暖房器具の周辺
・車内
・直射日光の当たる場所や40℃以上になる場所
・湿度の高い場所
・結露が生じやすい場所

捨てる際の注意
必ず中身を使いきり、完全にガスを抜いてから捨てて下さい。
中身が残っている場合は、新聞紙などに塗り広げて使いきり、乾かします。

*危険ですのでガスを抜く際、容器に穴をあけないで下さい。
 また、爆発の危険がありますので、火中には絶対投じないで下さい。


ガスを抜いたあと、容器は金属ごみ、
キャップはプラスチックごみとして処分して下さい。

塗料の廃棄について

塗料は液体の状態では廃棄することができません


塗料の捨て方
*塗料はなるべく使いきってから廃棄して下さい。
少し塗料が残ってしまって、やむを得ず塗料を捨てる場合は・・
              ↓
塗料を出来るだけかき出し、新聞紙などに塗り広げて乾燥させてから、一般ごみとして処分して下さい。   

容器の捨て方
容器の中の塗料を使いきって(容器の内側についた塗料が底に溜まらない程度)から、火気のない屋外で容器内の塗料を充分乾燥させてから金属ごみとして処分して下さい。  

水性塗料の場合
刷毛などを洗浄した水は洗濯排水などの生活排水と同じ扱いですので、下水道に流しても問題ありませんが、極力多量の水で薄めてから流して下さい。下水道が整備されていない場合も生活排水に準じた処理を行って下さい。
 
油性塗料の場合
刷毛などを洗浄したうすめ液は、その都度処理せずに、しっかりフタの閉まる缶やビンに入れ、繰り返し使用することをお勧めします。
処分する場合には、火気のない風通しのよい屋外で布にしみ込ませて、乾燥してからポリ袋に入れて、一般ごみとして処分して下さい。

*地域によっては石油缶(一斗缶)は粗大ごみに分類されることがあります。
地域のごみの分別をよく確認して下さい。

*一部、プラスチック容器に入った製品があります。
プラスチック容器の場合はプラスチックごみとして処分して下さい。   

*洗浄した水やうすめ液は直接河川や湖沼に流さないで下さい。

塗料の保存について

塗料が残ってしまったら・・・
塗料は使いきって頂くのが一番ですが、どうしても残ってしまった場合は、保存することもできます。
保存の仕方は容器の縁についた塗料をキレイに拭きとったあとでフタをしっかりとしめて下さい。

縁についた塗料が残ったままですと、次に使うときにフタが開けにくくなるだけでなく、密閉しにくくなります。フタをきちっと閉めないと空気が入り、塗料が固まってしまいます。


保存場所と環境
このような場所に保管しないで下さい。
・直射日光の当たる場所
・高温になる場所
・湿度の高い場所
・火気のある場所
・凍結する恐れのある場所

お子さまの手の届かないところに保存し、
誤って口に入れたりしないように注意して下さい。

床塗装工事

夏休み工事で約1週間かけて
エポキシ樹脂ハード流し展べ工法
IMG_3106.jpg
これが・・・

IMG_3211.jpg
こうなります。

塗料の種類

塗る素材や目的により、塗料には様々な種類があります。

水性塗料
水性系塗料は水で薄められ、使用後乾く前なら刷毛や容器を水洗いできる大変扱いやすい塗料です。
しかもシンナー臭もなく、揮発性有機化合物を使っていないので引火性もなく、火気にも安全です。
もちろん一度乾いてしまえば水で溶ける事はありません。

油性塗料
油性系塗料は、ペイントうすめ液でうすめて使うタイプの塗料です。
刷毛洗いや用具の手入れもペイントうすめ液で行います。塗り重ねをする時に乾燥時間を充分とる事が大事です。

ラッカー
主にスプレー式塗料として使われ、より強く硬い塗膜を形成し乾燥が速いのが特長です。
また、刷毛塗りタイプはラッカーうすめ液でうすめて使います。
溶解力が強いうすめ液を使用しており、塗り替えの際は注意が必要です。

ニス
主に木部用で、保護、表面仕上げ、ツヤ出しなどを目的とした透明塗料です。
乾燥すると木目を活かした透明な樹脂皮膜を形成します。
水性、油性、着色などの種類があります。
着色は色が付きますが木目を活かした仕上がりになります。

ステイン
木部の着色を目的とした着色剤です。皮膜を形成せずに木部に浸透して着色します。
ニスの上塗りが必要なタイプと必要でないタイプがあります。
また、着色のみを目的としたものや防腐・防虫などの機能を持たせたものもあります。

スプレー
ボタンを押しと内部の液化ガスの圧力で塗料が噴霧される塗料でエアゾール式塗料とも言います。
簡単に塗れる手軽な塗料です。
刷毛塗りの塗料と比べ、塗膜表面がなめらかで美しく仕上げやすいのも特徴のひとつです。
比較的小さなものを塗るのに適しています。

塗料の役割

塗料には物を保護する役割、美観を与える役割、特殊機能を付与する役割があります。

保護
物は、日光(紫外線)や風雨(特に酸性雨)の影響で徐々に劣化していきます。
鉄は錆び、木は腐ってスカスカになります。耐久性の良いコンクリートも劣化して表面が粉っぽくなり、アルカリ分が抜けて強度が低下していきます。
用途に適した塗料を塗装することで、日光や風雨から物を保護することができ、素材を長持ちさせることができます

美観
塗装は、無機質な素材に彩りを与えたり、色あせた素材を鮮やかな色に再生することができます。
また、色のコーディネートをすることができます。
屋根と外壁の配色をコーディネートしてイメージを変えたり、室内壁の配色をコーディネートして温かい雰囲気にしたり、リラックス効果を演出することができます。

特殊機能の付与
塗装により、物の表面に機能を付与して価値を高めることができます。
室内壁に塗装することによってシックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを吸着、除去し、室内空間を快適にする塗料や、抗菌性を付与する抗菌塗料、カビの発生を抑制する防カビ塗料、蛍光塗料や蓄光塗料(夜光塗料)などがあります。
特殊用途では、電磁波シールド塗料や帯電防止塗料、遮熱塗料などがあります。

塗料の基礎知識

失敗しないための、知っておきたい塗料の基礎知識

①塗料を選ぶポイント
塗料は、木部用や鉄部用、コンクリート用など、用途に合わせて様々な種類があります。
木部用には、防腐効果が、室内用には防カビ効果など、それぞれの用途に合わせて作られていますので塗装をする対象に合わせて塗料を選んで下さい。
逆に用途に合わない塗料を選んでしまうと痛みが早いなどトラブルの原因になってしまうことがあります。
一度に多くの塗装対象がある場合は、いろいろな用途に塗れる多用途塗料をお勧めします。

②天気のいい日に塗りましょう!
塗装は天気の良い日に行って下さい。
塗料はしっかり乾く前に水に塗れてしまうと「はがれ」や「乾燥不良」などの失敗の原因になりますので、雨の時はもちろん雨の降りそうな時も塗装は避けて下さい。
また、気温が低かったり(5℃以下)、湿度が高い時(湿度85%以上)も同様の理由で塗装には適しません。
気温が低い冬などは日中のできるだけ早い時間に塗装を終わらせて下さい。

③塗料を塗る前の「準備」が大事!
塗料を塗るもの自体が汚れていたり、痛んでいる場合は、上に塗料を塗っても下からハガレたり、凹凸ができてしまいます。そうならないためにも予めよく洗浄し、それぞれの素材、状態に合わせて下地処理をして下さい。
下地処理とは、例えば木の場合はサンドペーパーをかけて表面のザラツキを取り滑らかにする、鉄に錆がある場合は、ワイヤーブラシなどで取り除くなどの作業のことで、塗装の仕上がりに影響する大事な作業です。

④汚れてもいい服装で
基本的に塗料は、衣服についてしまいますと落ちません。
汚れてもよい作業着や着古した衣服で塗装しましょう。
また、なるべく肌につかないように長袖のものを選んで下さい。
塗装時は手袋の着用もお願いします。

⑤マスキングは丁寧に
塗りたくない場所や汚れては困る場所には必ず、マスキングテープや新聞紙、ポリシートなどで保護して下さい。
マスキングテープは、テープの下に塗料が入らないようにきわの部分をしっかりと押さえて貼ると境目がきれいに仕上がります。
また、マスカーはテープとポリシートが一体になっており、広範囲の保護が可能です。 マスキングテープは塗装後、塗料が乾く前に剥がして下さい。
乾いてから剥がすと塗膜がめくれてしまうことがあります。
乾いてしまったらカッターナイフで切り込みを入れてから剥がして下さい。

⑥塗料をよくかき混ぜましょう
塗料は様々な原料からなる混合物のため、一部の色が沈んでいることがあります。
塗料は、使う前に中身をよくかき混ぜましょう。
フタを開ける前に容器を逆さにしてよく振っておき、フタに手を添えてマイナスドライバーなどで開け、ヘラなどで缶のそこにドロッとした固まりがなくなるまでよくかき混ぜて下さい。
塗料が飛んで周りを汚さないように新聞紙や養生シートの上で作業して下さい。

⑦厚く塗り過ぎてはダメ
塗料は一度に厚く塗りすぎるとタレてしまったり、乾燥が遅れて表面にシワができる、ひび割れなどのトラブルにつながってしまいます。
キレイに仕上げるコツは「薄く塗り、しっかり乾燥してから塗り重ねること」です。
一回塗り仕様の塗料でも初めて塗装する人や慣れなていない人は薄く何回か
塗り重ねることをお勧めします。

⑧粘度が高いと思ったら薄めましょう
塗装の際、粘度が高く塗りにくいと感じたら、塗料を薄めましょう。
水性塗料は水で、油性塗料はペイントうすめ液で、ラッカー塗料はラッカーうすめ液でそれぞれ薄めて下さい。
「商品によっては、専用のうすめ液がありますので表示をご確認下さい。
薄める割合も商品によって異なりますので、表示をご確認下さい。
薄め過ぎますと下地が透けたり、タレてしまったりする場合がありますのでご注意下さい。

会社の納涼会

毎年恒例の神奈中グランドホテルのビアホール
483896.jpg
生バンドの演奏。
オールディーズ♪
405468.jpg
盛り上がって、最後はこうなります。(^_^;)

水性錆転換塗料-サビキラーPRO-

水性錆転換塗料
sbkrpro.jpg

①サビ取り不要!取扱が簡単、しかも水性の錆転換塗料です。

②鉄部・亜鉛メッキ・トタン・屋外タンクや車両・農機具・立駐機にも

③面倒なサビ取り作業が不要で、サビた部分に直接塗れます。

④部分的にも、全面塗装でも。そのままの仕上りも、プライマーとしても。

⑤鉄部が湿っていても塗装が可能。

⑥上塗りに油性系塗料も塗装可能。

⑦サビを逃がさないお知らせ機能付き。

=========================
こんなところに・・・
トタン屋根、扉、階段、シャッター、タンク等
111.jpg
ポスト、金具、釘、パイプ等
13.jpg
車両、駐車場、看板、フェンス等
12.jpg

<施工方法>
① 鉄部表面の浮錆・浮いた塗膜・油分ゴミ等は、ハンマー、ブラシ、サンドペーパー等で落として下さい。
② 中身を充分かき混ぜて下さい。
③ 使用する量を別の容器へ移します。
④ 作業しやすい粘度に調整する場合は最大で5%の清水で希釈して下さい。
⑤ 水性用刷毛またはローラーで塗装します。
⑥ 塗装後、表面に茶色っぽい色が浮かんできた場合は、反応が弱いしるしですので、その部分はもう一度塗装して下さい。

お買い求めは、MOTOYOSHI PAINT STORE

マグネットペイント

マグネットペイント
Mag.jpg

塗るだけで磁石がくっつく!!

塗るだけで、あらゆる壁を
マグネットボードにしてしまう画期的な塗料です。


使い方はいろいろ!

子供部屋に
インテリアに
オフィスに

病院、幼稚園などにもお使い頂けます。
画びょうを使わずに掲示できるので、お子さまにも安心です。

住宅の塗り替え

こちらは左官工事による塗り替えです
3.jpg4.jpg
施工前                   施工後

真っ白に!!
1.jpg2.jpg
施工前                   施工後

暑さ対策

夏休み工事も始まりました。
特に屋根の上での作業は、水分をこまめにとり
熱中症対策を万全にして、行わなければなにません。
二日酔いなんてもってのほか!
塩飴を舐めながら、休憩と水分をしっかりとって!!
多少、作業効率は落ちるかもしれませんが、安全が第一です。

気をつけて作業を行いましょう!!
プロフィール

株式会社モトヨシ

Author:株式会社モトヨシ
モトヨシのブログへようこそ

1950年より神奈川県平塚市で塗料の販売・塗装工事の請負をしております。
このブログでは塗料や塗装に関する情報を随時更新していきます。
リンクには
株式会社モトヨシ公式サイト

も載せておりますので、そちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR