FC2ブログ

建築塗装用語集《塗料・材料》

建築塗装用語集《塗料・材料》



【溶剤】ようざい
塗料を希釈する(薄める)液体のことを「溶剤」という。一般には「シンナー」を指し,各塗料に応じた多くの種類がある。汎用のシンナーで希釈する塗料もあれば,その塗料専用のシンナーが設定されている塗料もあり,組合せを誤るとゼリー状に固まったり,分離したりするなど,トラブルが生じる。
塗料は何で希釈するかによって,おおむね下の表の3種に分類できる。

 強溶剤系塗料 「ラッカーシンナー」等,強い臭いのあるシンナーで希釈
 弱溶剤系塗料 いわゆる「ペンキ」を希釈する「塗料用シンナー」で希釈
 水性塗料 水道水で希釈

「強溶剤系塗料」は「ラッカーシンナー」「ウレタンシンナー」「エポキシシンナー」など揮発性や臭気が強い溶剤で希釈する塗料である。
「弱溶剤系塗料」は灯油に近い「塗料用シンナーA」で希釈する塗料であり,「NAD形塗料」,「ターペン可溶形塗料」,「非水エマルション塗料」ともよばれる。
「水性塗料」は水で希釈する塗料であり,その成分に「VOC」(揮発性有機化合物)を含むものもあるが,溶剤系塗料に比べると臭気が少なく,ほぼ無臭のものもある。
求められる仕上りや施工する環境への配慮により使い分ける。


【2液形塗料・2液型塗料・(2液性塗料)】2えきがたとりょう
別々に缶詰めされた「主剤」と「硬化剤」または「A液」と「B液」など,2つの液体を規定の割合で計量混合してから使用する塗料。計量の手間がかかる,混合してから使用できる時間に制限があるなど,希釈するだけで使用できる「1液形塗料」に比べ作業性では劣るが,合成樹脂の系統と溶剤が等しい場合,性能的には「1液形塗料」よりも「2液形塗料」の方が優れている。(例:ターペン可溶1液形シリコン < ターペン可溶2液形シリコン)。なお,2液形の塗料は2つの液体の化学反応により想定された性能を発揮する塗料であるから,計量には秤を使用するのが当然であるにも関わらず,“作業性向上”のために,目見当やカンで配合を行うズサンな職人も多く,ひどい例では「硬化剤」を入れずに捨ててしまう業者の話を聞いたこともあるので注意を要する。



【OP】【OP】【op】おーぴー
【SOP】【SOP】【sop】えすおーぴー

オイルペイント,油性塗料の略号で,俗に「ペンキ」とよばれる。本来のOPは植物性の油で希釈する塗料であり,乾燥が遅いため,現在はほとんど使われていない。その「OP」に代わって使われているのが「SOP」(合成樹脂調合ペイント)である。鉄部の塗装などで「SOP」が現在でも図面で指定されていることが多いが,「安い」「塗りやすい」ということ以外にメリットは無い。内部の塗装であれば「SOP」でも十分な場合もあるが,外部では耐候性を考慮する必要があるので,耐候性のレベルとして「ウレタン樹脂塗料」以上の塗料を採用されたい。近年,住宅の塗替え工事でかなり普及してきている「2液形弱溶剤ウレタン」(ターペン可溶2液形ウレタン,NAD2液形ウレタン)と「SOP」との価格差は1缶で数千円程度であり,差額は微々たるものであるが,耐候性においては少なくとも2年以上の差がある。



【EP】【EP】いーぴー
エマルションペイントのこと。(「AEP」はアクリル樹脂エマルションペイント)。厳密には外装用の水性シリコン樹脂塗料などもEPであるが,塗装職人の間では,内装用の水性艶消塗料を指すことが多い。スタンダードな製品としては「ページ/神東塗料」「Hiビニレックス/日本ペイント」「ビニデラックス/関西ペイント」などがある。耐洗浄性や抗菌性など,さまざまな機能が付加されてバリエーションが広がっており,最近では,シックハウス症候群に対応するための内装用水性塗料として,「エコデラックス/関西ペイント」「ノボクリーン バイオ/大日本塗料」といった低VOC塗料・ゼロVOC塗料が登場している。



【エポキシ樹脂塗料】えぽきしじゅしとりょう
密着性・耐磨耗性に優れるといわれるエポキシ樹脂を配合した塗料。下塗塗料・錆止め塗料として,また,内部通路・工場などの床面コンクリートの磨耗による粉塵の発生を抑える防塵塗料として使用されている。



【VP】【VP】ぶいぴー
塩化ビニル樹脂塗料のこと。耐薬品性に優れているため,ガソリンスタンドの塗装に用いられることの多い塗料。非常に溶剤臭が強く,一昔前までは,これを浴室の壁面の塗装に使用して中毒死する例があった。最近では使われることは少ない。



【フタル酸樹脂塗料】ふたるさんじゅしとりょう
図面上では「FE」「FE」と表記されることもある。SOPに比べ乾燥が早いため塗りにくいが,平滑性に優れ肌が良いので,内装の枠廻りなどの仕上げに使われることが多い。製品としては,「ネオアルキコート/川上塗料」「ハイシルク/日本ペイント」などがある。



【アクリル樹脂塗料】あくりるじゅしとりょう
塗料の主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料のこと。グレードは下の表を参照。


【ウレタン樹脂塗料】うれたんじゅしとりょう
塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料の一般的な呼称。正統的製品の正式名称はポリウレタン樹脂塗料。グレードは下の表を参照。



【シリコン樹脂塗料】しりこんじゅしとりょう
塗料の主成分である合成樹脂がシリコン系の塗料の一般的な呼称。正統的製品の正式名称はアクリルシリコン樹脂塗料。グレードは下の表を参照。



【フッ素樹脂塗料】ふっそじゅしとりょう
塗料の主成分である合成樹脂がフッ素系の塗料のこと。グレードは下の表を参照。



【耐候性】たいこうせい ≒【対候性】?
陽射しや雨など,紫外線・熱・水分等の影響を受ける外部での自然の環境下での耐久性のこと。塗装の耐候性はその主成分である樹脂の系統により決まるといわれており,一般的に,アクリル系よりウレタン系,ウレタン系よりシリコン系,シリコン系よりフッ素系が高耐候である,ということになっている。各樹脂の系統にそれぞれ強溶剤系塗料,弱溶剤系塗料,水性塗料が存在するほか,多種多様な製品が存在し,樹脂の系統による単純なランク付けは価格と一致しない場合がある。具体的には,「弱溶剤シリコンより高い強溶剤ウレタン」や「弱溶剤アクリルより安い水性シリコン」が存在するので,選択の際は注意されたい。

外装用上塗塗料の合成樹脂の系統による分類

合成樹脂の系統/ 期待耐用年数/ (目安)1缶あたりの価格
・アクリル樹脂塗料(1液形のみ)/4~6年/ 5千円以下~1万円以上

・ウレタン樹脂塗料(1液形・2液形)/6~9年/ 1万円以下~2万円以上

・シリコン樹脂塗料(1液形・2液形)/7~13年/ 1万円以下~3万円以上

・フッソ樹脂塗料(1液形・2液形)/13~20年?/ 4万円位~10万円以上


 註1:それぞれの系統に強溶剤・弱溶剤・水性の塗料が存在する
 註2:一般に,同一の系統の中では,水性よりも弱溶剤,弱溶剤よりも強溶剤の方が性能が良い
 註3:一般に,同一の系統かつ同一溶剤の場合,1液形よりも2液形の方が性能が良い
 註4:いわゆる「ペンキ」=合成樹脂調合ペイント=SOPはアクリル樹脂塗料の下に位置する


新築の塗装工事で特に塗料の指定がない場合は,最も安価なアクリル系やSOPが使用されているが,マンションの改修や住宅の塗替え塗装では,ウレタン系以上のグレードのものが主流になりつつある。


【錆止め塗料】さびどめとりょう
多くの種類があり,価格もkgあたり200円以下から2千円以上のものまで大差がある。最も安価なものは「JIS K 5621」の「一般さび止め塗料」で,特に指定がない限り鉄骨業者が使用することが多い。現在,塗装業者のスタンダードといわれているのは「JIS K 5625」の「シアナミド鉛さび止め塗料」であるが,今後は鉛やクロムなど有害な重金属を含まないエポキシ樹脂系の錆止め塗料が主流になっていくと思われる。安物は錆を抑止する機能はほとんど期待できないので,より良い錆止塗料の選択が望ましい。製品としては「エポオールスマイル/大日本塗料」(2液形弱溶剤エポキシ),「エスコ/関西ペイント」(2液形強溶剤エポキシ),「カーボマスチック15/ジャパンカーボライン」(2液形強溶剤エポキシ)などがある。



【クリアラッカー】
略号「CL」「CL」。乾燥が早く,平滑性の高い透明塗料。造付け家具の仕上げに用いる場合が多い。
「UC」「UC」という記載によりラッカーでなくウレタンクリア仕上げを指す場合がある。



【オイルステイン】
略号「OS」「OS」「os」。木部を塗り潰しにならない程度に半透明に着色するための塗料。着色後に透明塗装を行って仕上げたい場合には,油性(オイル)ではなく水性やアルコール系のステインで着色を行う場合もある。




【木材保護着色塗料】もくざいほごちゃくしょくとりょう
WP(ウッドプロテクション)ステインともいう。表面に塗膜をつくらず,浸透させるタイプの木材専用塗料のこと。防腐防虫効果を有したものと,そうでないものがある。製品としては「キシラデコール」や「オスモ」が有名。



【装飾性仕上塗材】そうしょくせいしあげとざい
吹付け,コテ塗り,ローラー塗りなど,様々な塗装方法による模様付けが可能な塗料。製品としては,「ジョリパット/アイカ工業」「ベルアート/エスケー化研」など。
広義では,天然石や陶磁器の粒を混入して石張りに似せた表情に仕上げる「石材調仕上塗材」(せきざいちょうしあげとざい)も含む。「セラグラニー/山本窯業」「エレガンストーン/エスケー化研」など。



【エコ塗料】えことりょう
広義では水性塗料全般をエコ塗料とよぶ場合があるが,人体・環境に有害な成分を抑えた塗料の総称。溶剤にシンナーを使わず植物性油脂を使うなど,天然原料を使用している塗料を指すことが多く,自然塗料,健康塗料などと称されることもある。毒性の低さがアピールされ,エコブームで脚光を浴びつつある。また,環境問題への意識の高まりから,「柿渋」など,昔ながらの塗料への回帰指向の動きもある。



【パテ】
穴,ひび,段差など素地を修整するための材料で,粉末を水で練るもの,あらかじめペースト状のものが缶詰めにされているもの,2つの材料をこね合わせて硬化させるものなど,多くの種類がある。全面にパテを付けて平滑度を高める場合を「総しごき(そうしごき)」とよぶほか,部分的に充填する場合には「パテかい」,全面に付ける場合の1回目の塗付を「地付け(ぢづけ)」とよぶ。



【寒冷紗】かんれいしゃ・かんれしゃ
コンクリート下地や各種ボードを塗装仕上げにする場合に,ひび割れを防ぐために下地に張るガーゼ状のものを寒冷紗とよぶ。絹,ナイロン,ガラス繊維,カーボン繊維などさまざまな素材のものがあり,幅が5cm程度のものを継ぎ目に沿って張るだけの場合と全面に張り付ける場合がある。なお,寒冷紗を張れば割れないと考えるのは大きな間違いで,下地が動けば塗装面も必ず割れる。たとえば内部壁面の石膏ボードによる塗装仕上の場合,必ずビス止めすることと継ぎ目をずらしてボードを2重に張ることが望ましい。



【コーキング】
【シーリング】

本来コーキングはシーリングの1種であるが,一般的には同義。練り歯磨き状の充填材で,乾燥・硬化しても弾力性がある。「アクリル」「ウレタン」「変成シリコン(変成シリコーン)」「シリコン(シリコーン)」「ポリサルファイド」など,多くの種類があり,適材適所で使い分ける。


【フィラー】
細かい穴やひび割れなど下地に生じている不具合を整える場合に用いる材料で,状況に応じ,コテ,ローラーなどで塗付する。近年,塗り替えの場合には「シーラー」に代わって下地調整機能を持った下塗材「微弾性フィラー」=「微弾性下塗材」を用いる仕様が主流になりつつある。「微弾性フィラー」は粘度が高く(どろどろ)浸透性がないので,既存塗膜が活膜の場合の塗り替えに使用する下塗材であり,既存塗膜がない場合や劣化が著しい下地には密着しないため直接塗付できず,その前にシーラーが必要である。



【下塗り用塗料】したぬりようとりょう
主に「シーラー」,「プライマー」,「バインダー」,「サーフェーサー」,「プラサフ」の5種がある。「シーラー」は「塞ぐ」という意味があり,密着性向上と吸い込み止めのため,表面に膜を作るというよりは素地に吸い込ませるタイプのものが多い。「プライマー」は「初めに」という意味があり,素地に直接塗付する塗料を指す。「バインダー」は「結合する」という意味があり,吸い込みのない素地に対して上に塗る塗料を密着させるための下塗塗料を指す場合が多い。「サーフェーサー」は下地を整える機能を持った2番目の下塗りという意味合いが強く,素地に直接塗付することを前提にしたタイプのものが「プライマー」+「サーフェーサー」で「プラサフ」と称されることがある。



【逆プライマー】ぎゃくぷらいまー
「バリアプライマー」「ブリードオフプライマー」等ともいう。シーリング材には塗料を変質させる成分を含むものがあり,シーリング材の上に塗装した場合にその成分が塗装表面に移行し黒ずみやべたつきなどのトラブル(ブリード)を生じることがある。このブリードを防ぐための下塗材のこと。シーリング材の上に塗装することがわかっている場合にはあらかじめブリードを生じないタイプのシーリング材を使用されたい。



【ウォッシュプライマー】
「エッチングプライマー」ともよばれる亜鉛メッキ面用の下塗塗料で,メッキ面に直接塗付する。亜鉛メッキは防錆のために施されているが,塗料の付着が悪く,そのまま上塗りすると剥がれやすいため,塗装して仕上げたい場合にはウォッシュプライマーの塗付が必須である。化学的な表面処理が目的なので,厚く塗ると上塗の付着が悪くなるといわれているほか,上塗りするまでの時間に制限がある。
スポンサーサイト



住宅塗装の塗り替え目安

外装診断

外装塗装をするタイミングは業者の訪問販売が多いですが、詐欺等も多いそうです。
その為、ご自分の目を使って外装を診断しましょう。


外装の診断方法には様々な方法がありますが、下記をよく読み、ご自分の手と目を使って状態を把握しましょう。

塗り替え時期の判断|塗膜の劣化

image1.jpg
塗膜劣化の段階
(1)つやが無くなる。
  ↓
(2)色が薄くなる、変色する
  ↓
(3)表面に粉が吹いたような状態になる(チョーキング現象)
  ↓
(4)表面にひび割れ(クラック)ができる
  ↓
(5)塗装が剥がれ落ちる。

建物を長持ちさせるため、また塗り替えに余分な費用を掛けないためにも(3)のチョーキング現象が発生した時点で塗り替えることが必要です。

塗料の種類による塗り替えサイクルの目安

ウレタン樹脂塗料・・・・耐久年数:5年~7年

シリコン樹脂塗料・・・・耐久年数:8年~10年

フッ素樹脂塗料・・・・・耐久年数:15年

※外壁の場合

外壁の塗り替え時期
image2.jpg
■かびや汚れが発生している。■
■ひび割れが入っている。■
■塗料が色あせたり剥がれたりしている■

外壁の黄色信号

細かなひび割れ(ヘアークラック)
ヘアークラックは塗膜にひび割れが入っている現象で、壁が傷んできている状態。 下地の細かいひび割れは、フィラー(セメント系補修材)で補修する。フィラーで細かいひび割れを埋めて、表面を平滑にする。

ひび割れ(クラック)
下地まで達したようなひび割れのひどいものは、放置してはいけない。裂け目から雨水が入って壁の中を痛めることになる。

屋根の塗り替え時期(トタン・住宅用化粧スレート屋根)
■かびや汚れが発生している。■
■錆びている。■
■塗料が色あせたりはがれたりしている。■
■トタンが浮いている。■
■スレート板(屋根板)が浮いている。■

屋根の色の変退色
新築の時と屋根の色が違っているのは、塗膜が紫外線により劣化して表面のいろがあせていったり(チョーキング)、酸性雨などの影響で色が変色してしまったりするから。

破風板・鼻かくしの塗り替え時期
■腐食している■
■塗料が色あせたりはがれたりしている■

破風板は日本の住宅の屋根下についている三角形の装飾板。鼻隠しは、屋根の先端についている装飾板。 ここがキレイになると家全体の印象がグッと良くなる。

窓枠・水切り・面格子の塗り替え時期
■ひび割れやキズがある。■
■塗料がはがれている。■
■腐食している。■
■ガタツキやソリがある。■

水切りとは、窓の下部など水が回り込みやすいところに取り付ける部材。

雨戸・戸袋の塗り替え時期
■ひび割れやキズがある。■
■塗料がはがれている。■
■腐食している。■
■ガタツキやソリがある。■

ブロック塀・門柱の塗り替え時期
■ひび割れや破損がある。■
■さび・かびや汚れが発生している。■

玄関ドア・門扉(鋼製)の塗り替え時期
■錆びている。■
■塗料が色あせたりはがれたりしている。■
image3.jpg

室内の壁を塗る!

wall.jpg

--------------------------------------------------
塗装をする前に揃えておきたい道具

・刷毛:細かい部分、隅の方を塗る時に使用します。
hake.jpg
・ローラー:広い範囲を効率的に塗れます。
rora.jpg
・ローラー皿:ローラーを使う際はローラー皿が必要です。
sara.jpg
・マスキングテープ、マスカー:塗りたくないところをマスキングし、塗料のはみ出しを防ぎます。
maska.jpg
その他:新聞紙、ポリシート、雑巾、ウエス、中性洗剤、軍手など・・・
sonota.jpg

■道具が揃ったら・・・
---------------------------------------------------------------------
①下地処理 洗浄や補修等の下地処理は、塗装をする前の日に行いましょう。
====================================

洗浄
*全体を濡れ雑巾で水拭きして、塗る面の汚れを取り除いて下さい。

油分、手垢、ヤニ等の汚れは、市販の中性洗剤で除去して下さい。
              ↓
中性洗剤を使用したあとは、洗剤分が残らないように水拭きをシッカリ行って下さい。

水拭きをしたあとは、塗装の前に十分に乾燥させて下さい。      

補修
●壁紙の補修

めくれている場合は、市販の壁紙用接着剤を注入し、はみ出た接着剤が残らないように布で拭きとり、壁紙接着ローラーで押しながら貼って下さい。
破れている場合は、その寸法より大きい壁紙をその箇所に重ね合わせ、その上から四角くカッターで2枚一緒に切り込みを入れます。
破れている壁紙を取り除き、一緒に切った壁紙を壁紙用接着剤で貼って下さい。

●室内壁全般の補修
穴やひび割れは、市販のエマルション系の壁用充填剤(塗装が可能なもの)で埋めて下さい。
壁紙用接着剤や充填剤を使用した場合は、はみ出た部分を濡れ雑巾等で拭き取り、十分乾燥させて下さい。
*壁紙用接着剤やパテ、充填剤を使用した場合は、乾燥時間を確認して、
十分に乾燥させて下さい。

②マスキング はみ出しや汚れを防ぐための処理。
=======================================
塗りたくない部分や塗料が付着しると困る部分には必ずマスキングテープを貼って下さい。
マスキングテープは幅の広いものをお勧めします。
床面や家具には新聞紙やポリシート等で保護すると塗装の時の汚れが防げます。
マスキングテープは色を塗り分けたい場合にも便利です。

キレイに仕上げるためにキワはしっかり押さえて下さい。

③塗料をかき混ぜる
=======================================
中身をよくかき混ぜて下さい。
塗料は様々な原料からなる混合物のため、
一部の色の粉が沈んでいることがあります。
フタを開ける前に容器を逆さまにして軽く振ります。
フタに手を添えてマイナスドライバー等で開け、容器の底にドロッとした固まりが無くなるまでヘラ等でかき混ぜて下さい。
かき混ぜる作業が終わりましたら、使用する分を塗り皿(ローラー皿)や別の容器に移してご使用下さい。

④塗装する
=======================================
塗りにくい狭い部分から塗りましょう
刷毛はまず使う前に抜けやすい毛を取り除いて下さい。
塗料は刷毛の根元まで着けずに、毛先2/3 程度まで着け、塗り皿のふちで余分な塗料を落として下さい。
いきなり広い面から塗るのではなく、隅やコーナーなどの塗りにくい部分から先に塗りましょう。
厚塗りせずに、塗料をのばすようにぬりましょう。
広い面はローラーやコテバケを使うと便利です。

ローラー塗装
●凹凸のある面に適しています。

最初に軽くローラーを上下にゆっくり転がして先に塗料を配り、その後ムラにならないように気をつけながら上下に軽くならして仕上げます。
塗料をつけすぎるとたれてしまうので、塗り皿やバケットでよくしごき、余分な塗料を落として下さい。
勢いよく転がすと塗料が飛び散ることがありますので、注意しましよう。

コテバケ塗装
●平滑な面に適しています。

広い面積を効率的に塗れる便利な塗装用具です。
力が一定にかかりやすく、仕上がりも非常に滑らかです。
力を入れ過ぎず、縦、横に塗料を配り、最後に縦方向に軽くならして仕上げます。
コテバケはローラーに比べ飛び散りが少ないので天井の塗装にも適しています。
塗装の途中で手直しはしない
塗っていくとどうしても先に塗ったところの塗りムラが目についてしまいます。
塗ってすぐであれば手直しできますが、乾きはじめたところの手直しは、半乾きの塗膜を引っ張って仕上がりが悪くなってしまったり、よけいにムラが目立ってしまいますので、手直しは必ず乾いてから行いましょう。

Point☛
初めて塗装する方や、慣れていない方、きれいに仕上げたい方は、2回塗りをしましょう。
薄く塗り重ねた方がムラになりにくく、仕上がりがより美しくなります。

■塗装をいったん中断するときは・・・
塗装の途中で休憩をとる場合は、ハケや塗り皿が乾かないようにポリ袋に入れて密封したり、
ラップを巻いて外気に触れないようにしましょう。

■後片付けを楽にするには・・・
塗装後の塗り皿の洗浄は、意外と手間がかかります。そんな手間を省くためには、
使用する前にあらかじめひとまわり大きなポリ袋で覆ってご使用下さい。
そうすれば塗り皿に塗料がつかないので後片付けが楽です。

⑤あとしまつ
=======================================
■マスキングテープは、乾く前に剥がして下さい。
乾燥した後で剥がすと、マスキングテープと一緒に塗膜がめくれてしまう恐れがあります。
塗膜がめくれてしまいそうな時は、境目に軽くカッターナイフで切れ目を入れてから剥がして下さい。

塗料で節電!!

まだまだ暑いですねぇ(汗

遮熱塗料を塗ることにより、建物の表面温度を下げます。

塗り替えをするなら
遮熱効果のある塗料をおすすめします。
建物の劣化を防ぐとともに
美観の向上、遮熱機能を持たせました。


近年では遮熱塗料も多種多彩になりました。
屋根用遮熱塗料
アスファルト用遮熱塗料
屋上防水用遮熱塗料
外壁用遮熱塗料
ガラス窓用遮熱塗料
などなど・・・

orange21.jpg


遮熱塗料を塗って・・・
エアコンの設定温度を上げましょう!!
  ↓   ↓
電力消費を抑えることができます

使いかけのエアゾール製品の保存と捨て方

使いかけのエアゾール製品の保存と捨て方

保存前の注意
●詰まりを防ぐために
容器を逆さまにして、1~2秒吹き、ノズルに付いた塗料を拭き取り、キャップをして下さい。
正立の状態で保存して下さい。  

保存場所の注意
●爆発やガス漏れの危険が伴う場所
・火気近く
・暖房器具の周辺
・車内
・直射日光の当たる場所や40℃以上になる場所
・湿度の高い場所
・結露が生じやすい場所

捨てる際の注意
必ず中身を使いきり、完全にガスを抜いてから捨てて下さい。
中身が残っている場合は、新聞紙などに塗り広げて使いきり、乾かします。

*危険ですのでガスを抜く際、容器に穴をあけないで下さい。
 また、爆発の危険がありますので、火中には絶対投じないで下さい。


ガスを抜いたあと、容器は金属ごみ、
キャップはプラスチックごみとして処分して下さい。
プロフィール

株式会社モトヨシ

Author:株式会社モトヨシ
モトヨシのブログへようこそ

1950年より神奈川県平塚市で塗料の販売・塗装工事の請負をしております。
このブログでは塗料や塗装に関する情報を随時更新していきます。
リンクには
株式会社モトヨシ公式サイト

も載せておりますので、そちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR