FC2ブログ

漆喰塗料

head_img.jpg
shikkui_20121109152231.jpg

やさしさの理由

人にやさしい

主成分である消石灰の有する自硬性により強固な皮膜が形成されるため
造膜助剤等の揮発性有機化合物(VOC)は一切含有しておりません。

●消臭機能

たばこ臭・ペット臭・トイレ臭・生ゴミ臭などの生活臭を吸着し、
浄化する機能を有しています。

●ホルムアルデヒド放散等級

F☆☆☆☆ ホルムアルデヒド登録認定商品です。

●揮発性有機化合物(VOC)吸着除去機能

揮発性有機化合物(VOC)であるホルムアルデヒドを吸着無害化し、
トルエン、キシレン等を吸着除去する機能を有しています。

●抗菌機能

細菌の生育・増殖を抑制します。また、カビの発生の抑制にも効果が認められます。
近年注目されている、高病原性鳥インフルエンザウィルスも塗膜に吸着し、
感染力を低減させる機能を有しています。
※抗菌剤・防カビ材などの有機化合物は含まれておりません。


事務所の壁を塗ってみました。
image71.jpg
image13.jpg

======================================
漆喰ってなに?

漆喰とは

漆喰は日本の伝統素材として古くから多くの建築物に用いられてきた塗壁材です。
自然素材の独特の風合いと質感に加え、アルカリ性の性質による防カビ性や、
微多孔質な構造による吸放湿性など、多くの優れた機能を備えています。
しかし、従来の漆喰壁は高度な左官技術を必要とし、施工が難しく、
時間がかかるなどの理由からその優れた機能を十分に活かされていないのが現状です。

漆喰の原料である「消石灰」とは?

漆喰の主原料は消石灰です。
消石灰は、地中から採掘される石灰石を焼成・消化した白色のパウダーであり、
これが漆喰の健康・環境に貢献する機能をもたらしてくれます。
また、日本はこの資源をふんだんに有しており、国内で生産可能な数少ない資源のひとつです。

about_img2.jpg

アレスシックイはMOTOYOSHI PAINT STOREで購入できます。
スポンサーサイト



快適な室内温度を実現する 画期的な赤外線・紫外線吸収塗料です。

01n.jpg
02n.jpg
快適な室内温度を実現する 画期的な赤外線・紫外線吸収塗料です。
夏は涼しく、冬は暖かく-----。
さわやかな室内環境を実現します。

「NTサーモバランス」は、既存の窓ガラスに塗装する透明タイプの赤外線・紫外線吸収塗料です。
室内側から塗装することで赤外線を吸収し、夏場の室内温度上昇を抑制します。
冬場においても室内の熱が外部に逃げるのを防ぎ、暖房効率を高めます。
NTサーモバランスはエアコンの省エネルギー化に貢献し、快適な室内環境を実現します。

NTサーモバランスの特長と効果

特長1 夏場の冷房効率をアップさせます。
人間が暑く感じる太陽光線の赤外線波長を塗膜が吸収することで、室内への熱の浸入を低減し、
温度上昇を抑制することができます。
とくに、日差しの強い夏場ほど効果を発揮します。
なお、冬場の夜間は赤外線を吸収することで、室内の熱が外部に逃げるのを抑制します。

03n.jpg
特長2 高い透明性を維持します。
可視光線の透過率は80%以上と高く、視界を妨げることもなく、色の変化もほとんどありません。

特長3 紫外線を大幅にカットします。
室内への紫外線の浸入を吸収することで、家具なカーテン、畳などの紫外線による劣化や色あせを抑制することができます。また、夜間は室内照明から発生する紫外線が外部にもれることを抑制するため、窓ガラスへの虫などの飛来を防ぎます。(ただし、可視光などに反応する一部の虫は対象外となります。

04n.jpg
特長4 現場での施工は、日本特殊塗料の認定を受けた専門工事店が室内側から行います。施工価格は複層ガラスへの取り替えに比べて低価格です。


NTサーモバランスの各種性能
05n.jpg
06n.jpg

水性ハイソリッド型コンクリート表面強化材

アーキタイトエコ

簡単な施工でコンクリート表面を、より緻密な構造に改質!!
アーキタイトエコはコンクリートやモルタルなどの床表面に塗布することで素地内部の細部深くまで浸透し、硬く緻密な表面に改質します。また、アーキタイトエコは、ハイソリッド型なので、一度塗りで耐摩耗性、耐久性の高い床面を提供します。

特 長

耐摩耗性
特殊珪酸(Si-O)化合物がコンクリートに深く浸
透し、コンクリートやモルタル成分と反応して、
緻密で強固な表面に改質します。

粉塵抑制
コンクリートとの化学反応で改質された表面は、
摩耗、劣化による粉塵の発生を抑制します。

耐汚染性
緻密な表面層は、汚れ成分の付着、浸透、固着
を抑制し、優れた耐汚染性を付与します。

中性化防止
緻密な表面層は、コンクリートやモルタルの中
性化防止に大きく貢献します。

安全性
完全水系で臭いもなく、ホルムアルデヒドなど
の有害物質を含まない安全設計です。

image43.jpg image44.jpg
未処理モルタル            アーキタイトエコ塗布
小さなすき間がみられる   →   マイクロクラック内に浸透し、緻密な表面を形成

用 途
下地
コンクリート、セメントモルタルなど

適用箇所
工場、倉庫、物流センター、駐車場などのコンクリート床面

但し、薬品工場(酸、アルカリなどの薬品が流れるところ)、食品工場・食
堂の厨房(酢、塩、砂糖などが流れるところ)、魚介類の解凍場(海水が流
れるところ)、防水を要求されるところなどには適用できません。

浸透硬化型コンクリート表面強化材

SKバリヤーコート
10077022-1.jpgbarrier_coat-left.jpgbarrier_coat-right.jpg

コンクリート床表面を強固に改質。粉塵と劣化を抑制。

特殊けい酸塩を主成分とするコンクリート表面強化材です。コンクリートやモルタル内部に浸透し、床表面を硬く緻密に改質することで、粉塵の発生を抑制します。

特 長

耐摩耗性
特殊けい酸塩がコンクリート内部に浸透し、コンクリートやモルタル成分と反応することで、緻密で強固な表面に改質します。

粉塵抑制
コンクリートと化学反応で改質された表面は、摩耗、劣化による粉塵の発生を抑制します。

リフォーム性
経年劣化したコンクリートに対しても、簡便な施工で効果が得られるため、リフォーム時の床改修にも最適です。

安全性
完全水系で臭いもなく、取り扱いも簡単です。

用途
・コンクリート床の工場、倉庫、物流施設、駐車場など。
・セメント系硬質床材(カラコン、フェロコン)の改修。
・OAフロア(二重床下地)の防塵。

施工方法
barriercoat1.jpg

窒素ガス発生装置-アネスト岩田-

NP-22B.jpg
高純度の窒素ガスを大気中から簡単につくれます。

POINT
・ムダを大幅に削減。 窒素ガスが手軽に自給できるようになりました。
・オイルフリースクロールコンプレッサを採用することにより、低騒音化と、大幅な省スペース化を実現しました。
・カラータッチパネルを採用することにより、稼動状況や定期メンテナンス時期の警報など、様々な情報を表示します。
◆食品・包装・樹脂・熱処理等さまざまな業種で活躍する窒素ガス発生装置

■ 原料費はゼロ。窒素ガス料金を大幅にコストダウン。 
 アネスト岩田の窒素ガス発生装置は、原料費ゼロの大気から窒素ガスを簡単に抽出。
 今まで大きな負担となっていた、窒素ガス使用料金の大幅なコストダウンを実現します。
 面倒なボンベも交換も不要です。さらに、マイコン制御で人手に頼っていた管理の手間を大幅に軽減します。

●こんなお客様におすすめします。

■ 窒素ガス料金を安くしたい。
・ 食品会社A社様では、食品を包装する際、酸化防止及び品質保持のため窒素ガスを封入しています。しかし、窒素ガス使用量が多く、月々の費用が大きな負担となっていました。そこでPSA式窒素ガス発生装置を採用、大幅なコストダウンに成功されました。
食品会社A社様では、
年間65万円のコストダウンをすることができました。


■ ボンベ交換を楽にしたい。
・ 製薬会社B社様の研究所では、分析装置に窒素ガスボンベを使用していました。しかし、交換の手間や残量調整・確認ができず分析中にガスがなくなるなどのトラブルから、わずらわしさを感じていました。そこで膜式窒素ガス発生装置を採用、ボンベが不要になり様々な面倒から解放されました。
製薬会社B社様研究所では、
窒素ボンベ交換の手間を解消することができました。


■ メンテナンスを一元管理したい。
・ 金属加工会社C社様ではレーザー加工用に窒素ガス発生装置を使用していました。しかし、メンテナンスは窒素ガス発生装置と原料空気用のコンプレッサを別々の会社に委託していたため、不具合の起きた時の問合せ先がわからず、わずらわしさを感じていました。そこでアネスト岩田の窒素ガス発生装置を採用。メンテナンスのすべてを一元化でき、さまざまな面倒から介抱されました。
金属加工会社C社様では、
メンテナンス管理のわずらわしさから解放されました。


プロフィール

株式会社モトヨシ

Author:株式会社モトヨシ
モトヨシのブログへようこそ

1950年より神奈川県平塚市で塗料の販売・塗装工事の請負をしております。
このブログでは塗料や塗装に関する情報を随時更新していきます。
リンクには
株式会社モトヨシ公式サイト

も載せておりますので、そちらもご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR